2006年7月22日 (土)

コレ覚えないと先に進めません

ISO9001を取得するコトが決まり、
事務局になった後、
頭に全く入ってこなかったのが、

「品質マネジメントの規格」

「規格要求事項」なんて、
言い方もしますが、
英文の和訳のせいか、
非常に解り辛い書き方がしてあります。

おまけに、こっちはやる気が
出ないものだから、
まさに、負のスパイラル状態。

これじゃあ、品質マニュアルづくりは、
停滞するばかりで、
一時は、ほんとにこのまま
ほったらかしにしようかと、
思ったほどです。

ところが、私自身の心境に
変化かが生じてから、
急ピッチで、ISO9001の認証
取得に向け活発な動きになって
行きました。

その原動力とも言うべきコトが、
規格要求事項に対する理解です。

何も書いたある文言を、
まる暗記できた!

と言うことではなく、
ウチの会社がやっている仕事と、
規格要求事項との共通点を
見つけたのです。

多少はうがった見方かもしれませんが、
要求事項を読めば読むほど、
今のやり方を大きく変えるコトは、
必要のないように思えてきました。

ISO9001で要求している事は、
ウチの会社で言えば、
どのことなんだろう...

最初はみんな、そういう壁に
ぶつかるのですが、
この時、「規格要求事項」を
すでに熟読していれば鬼に金棒。

過大解釈を防ぐことができるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)