« 2006年9月 | トップページ

2006年10月25日 (水)

やっとゴールに辿りつけます

 一年ちょっとのISO9001認証取得活動において、
第二段階審査を8月末に終え、今月末にやっと英国から
登録証が届くこととなりました。

 審査終了から二ヶ月かかりましたので、
正直気持ちの盛り上がりが今ひとつという感じで、
実際、登録証の実物(紙だと思うんですけど)を
手にしないことには落ち着きません。

 さて、前回の更新からからだいぶ間があいてしまいましたが、
このブログでも再三申し上げているとおり、
ISO9001の規格要求事項を過大解釈しない!
というのが、認証取得活動の最大コツなのです。

 またこれもご存知のことと思いますが、
ISO9001の認証を取得した企業のうち、厳格過ぎるルール化や
多大な記録類に振り回されている場合が多くあると聞きます。

 何故そうなるのでしょう。

 私が思うに、その原因の多くは、自分たちのやり方を信じず、
何から何までISOの規格に合わせてしまう考え方にあります。

 もっともそれはムリもないです。
 いきなりあの規格要求事項を見せられれば、
誰だってそのとおりにやらないといけないって思っちゃいます。

 それにこれは悪口になるのであまり言いたくはないのですが、
ISOの取得を目指す99%の企業は、コンサルタントから指導を仰ぐワケで、
その時にいきなり、

「文書規程はありますか?なければ作ってください!」

なんて言われて、要求事項の内容、それも初めて聞く用語などを
耳にしたあかつきには、さらに気持ちが動揺してしまうのは当たり前です。

 何を隠そう私も、要求されているコトをすべてやろうとすれば
これはえらいことになるぞと思い、現場の人たちから猛烈な反発を
くらうのを覚悟しなければならない、と腰が引ける思いでした。

 でも手前味噌ですが、「腰が引ける」ぐらいの気持ちで始めたのが、
結果的にいい方向へ転がったと思います。

 事務局を任されている方ならお分かりになると思いますが、
「コンサルタント」と「現場」の板ばさみにならざるを得ない状況というのが、
必ず生じるワケです。

 「こうしてくださいっ!」

 なんて目を吊り上げて言わなければいけない場面が出てきます。

 でもそれをやらずに現場のヒトたちにISOのコトを理解してもらえれば、
一番いいワケで、私の場合腰が引けたお陰で現場のヒトたちにはソフトに接しました。

 その結果、

 「何とか今のウチの会社のやり方をそのままに、
ISOの規格をくっ付けられないものか」

 後日談ですが、出来上がった品質マニュアルには「引用」
というコトバを多く使っています。
 「引用」とは悪い言い方をすれば「こじつけ」です。

 私はこの「こじつけ」を頻繁に使うことで、
現場からの反発を最小限に抑えられたと思っています。

 でも不思議なものですが、私が「こじつけ」ようとすると反対に
そんな解釈でいいのか、と言って来るヒトが出てきます。
 ココがとても大事なのですが、ISO9001を導入することをきっかけに、
今の仕事のやり方を見直そうと考えるヒトがいるのです。

 正直コレは事務局として嬉しかったです。

 こうなるといい意味で私の懸念は吹っ飛ぶ
と同時に事務局の出番がなくなり、
静かに見守っていると、現場のヒトたちが
自分たちでやり易い方法を探し出し、
それを運用するシステムが動き出していきました。

 すげぇー。

 ウチの会社の現場にいるヒトたちの実力を垣間見た気がしました。

 でもそう上手くいってばかりではありません、現場の理解が得られれば
今度はコンサルタントから指導が入ります。

 特に品質マニュアルは、私が事務局の特権で相当コンパクト
にしましたので、(表紙を入れて32ページしかありません)

 「はしょりすぎです!」

 なんて怒られたりなんかもしましたが、「こじつけた」箇所はその大部分を
そのままの形で残させてもらいました。

 「こじつけ」たところの説明を「こじつけ」たのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ